サイネージ動画制作動画制作担当者がチェックするべきポイント未分類

企業担当者必見!!デジタルサイネージ動画のメリットと制作の際の注意点

近年、動画マーケティング手法の1つとしてデジタルサイネージ動画を活用する企業が増えてきました。しかし、デジタルサイネージ動画について知らないことも多いと思います。

「そもそも、作り方がわからない」
「誰に頼んだらいいのかわからない」

などの悩みを抱えている企業担当者の方もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事ではデジタルサイネージ動画のメリット、そして企業の担当者さまがデジタルサイネージ動画を制作する際の注意点を紹介します。

是非、参考にしてみてください。

デジタルサイネージとは?

そもそも、デジタルサイネージがどういったものか、みなさんはご存知でしょうか?

「デジタルサイネージ」という言葉は聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさん一度は目にしたことがあるはずです。

例えば、山手線の扉の上やタクシーの座席に広告などが流れている電子ディスプレイを見たことはありませんか?これがデジタルサイネージです。

デジタルサイネージとは屋外、公共施設、交通機関などのあらゆる場所で電子ディスプレイを用いて情報を発信するメディアのことを指します。その中でも、デジタルサイネージで訴求する動画のことを「デジタルサイネージ動画」といいます。

デジタルサイネージ動画を使用するメリット

不特定多数のユーザーの目に触れることができる

Blank billboard located in underground hall or subway for advertising, mockup concept, Low light speed shutter

デジタルサイネージは近年、交通機関、公共施設、ショッピングモールなど、あらゆる場所に設置されるようになりました。そのため、デジタルサイネージ動画を活用すれば、多くのユーザーに自社の商品やサービスを見てもらうことができます。

 デジタルサイネージは交通機関や公共機関などに設置されているため、人々の生活において自然に情報を伝えられ、宣伝効果が高いと言われています。さらに、Web広告やテレビCMなどの広告も掛け合わせることで、より多くの人にリーチすることができます。

看板やポスターよりもインパクトが強い

デジタルサイネージ動画は看板やポスターに比べて、強いインパクトを与えることができます。看板やポスターであれば静止画での訴求になりますが、デジタルサイネージ動画の場合、「動画」「音」「画像」「テキスト」など、さまざまな方法でユーザーに訴求することができます。

視覚的情報だけでなく、音声情報も伝えることができるため、ユーザーの目を引きやすいのです。

ターゲットに合わせた動画を配信することができる

billboard super sale advertising on a mall 3d rendering mockup

デジタルサイネージ動画は時間や場所を選択して、ターゲットに合わせた動画を配信することができます。

家族連れが多い場所では家族で楽しむことができるイベントの動画、サラリーマンが多い場所では、居酒屋やビジネスに関する動画を配信したりと、その場所やユーザーに合わせた動画を配信することが可能です。

このようにターゲットに合わせた動画を配信することで、その場所や時間帯にいるユーザーに最適なメッセージを届けることができ、商品やサービスを効果的に宣伝することができます。

看板やポスターに比べて差し替えが簡単

看板やポスターに比べて、デジタルサイネージ動画は差し替える手間が少なくすみます。

看板やポスターの場合、ちょっと掲載内容を変更したいとなっても、貼り替えなどの工数がかかり、人件費もかかってしまいます。

しかし、デジタルサイネージ動画であれば、その手間は必要ありません。動画を修正さえすれば簡単に差し替えることが可能です。

デジタルサイネージ動画を作る際のポイント

動画の目的、伝えたい内容を明確にする

制作する動画が課題をどのように解決し、何を目指すのか。目的、伝えたいことを明確にしておくことが大切です。

商品・サービスの認知向上を目指す動画なのか。それとも企業の採用募集をかけるための動画なのか。目的が違えば訴求内容も大きく変わってきます。

また、伝えたい内容が明確でないと情報量だけが増えていき、作ってみたけど結局、何を伝えたいのかわからない動画になってしまったなんてことも起こりかねません。目的や伝えたいことを明確にすることで人々に伝わりやすい動画になり、より効果的なデジタルサイネージ動画を制作することができるはずです。

ターゲットを明確にしておく

動画コンテンツで誰に何を訴えかけたいのかを明確にしましょう。ターゲットが絞り込まれていないと、動画コンテンツの内容があやふやになり、誰の心にも響かない仕上がりになってしまいます。

また、ターゲットを絞り込んだら、そのターゲットが多く集まる場所にデジタルサイネージを設置することも大切です。デジタルサイネージは設置する場所によって大きく効果が変わってきます。目的に合わせて設置場所を選定していくことが必要です。

コンテンツのクオリティにこだわる

デジタルサイネージ動画を成功させる上で、クオリティの高いコンテンツを制作することは欠かせません。

近年、SNSが急速に発展した影響もあり、以前に比べ、人々は動画に触れる機会が格段に増えてきました。そのため、人々は映像を見る目が肥えてきているのです。

さらに、短い動画を好む傾向も強くなっています。一瞬で人々の目を引くようなクオリティの高い動画を動画制作しなければ人々の目に止まることすら難しいかもしれません。

最後に

いかがだったでしょうか?

本記事では、デジタルサイネージ動画のメリットや制作時の注意点について解説をしました。

デジタルサイネージ動画を活用することで、これまでリーチすることができていなかった層にアプローチをすることができます。しっかりと目的やターゲットを決めて制作すれば、有効な施策ですので、是非、検討してみてください。

エスプリビジョンでは、これまで数多くのデジタルサイネージ動画を制作してきた豊富な知識と経験がございます。企画から参画することも可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。